自由診療で作る金属床入れ歯のメリット。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

自由診療で作る金属床入れ歯のメリット。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院で自由診療で総入れ歯を作りたいという方は多いです。

総入れ歯の場合で、自由診療の入れ歯となると金属床という入れ歯になります。

この金属床の入れ歯は、保険のプラスチックの入れ歯と比べてメリットが多くあります。

それは、上顎であれば金属で口蓋面を覆います。

下顎であれば、金属で舌に触れる面を金属で覆います。

それによって、食物の熱を感じやすくなります。

例えば、「おでん」や「もつ鍋」などは熱い温度を感じて初めて美味しく感じるものでもありますよね。

その熱が伝わることによって食事のおいしさは変わっていきます。

また、口蓋面や舌足の面が金属にすることによって床と呼ばれる面を薄くできます。

そのことによって、舌の自由度が増え話しやすくなります。

また、金属で入れ歯のフレームが作られるため、丈夫ですので入れ歯がそうそう壊れることはないです。

保険の入れ歯だと、どうしてもこのあたりの改善は困難です。

壊れにくくするためにプラスチックが厚くなるのも違和感に繋がりやすいです。

入れ歯は毎日、食事や会話の際に使うものです。

自分の生活の質を上げるためにも、是非、考えていただけたらと思います。

(写真は自由診療で製作した金属床義歯です。使用材料はチタンです。)

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事