総入れ歯の超難症例は多いです。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

総入れ歯の超難症例は多いです。

CIMG0969.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

自分の歯が上下顎とも一本もないという、総入れ歯の人は少なくなった感が確かにありますね。

これは、歯を残すように歯科医療従事者が努力してきたのと、一般の方にも歯を残すんだという意識が高くなったからだと思います。

そのために、日々のブラッシングもしっかり行ってくれている方が多くなったと思います。

でも、全く総入れ歯の人がいないかというと、そんなことは決してありませんね。

そして、超難症例という人が多くなったと思います。

これは医療の発達に伴い、平均寿命が長くなったからだという気が致します。

早い時期に歯を抜いて、高齢者になると歯茎の吸収変化が大きくなってしまい、尋常じゃなく歯茎がやせているという方を多く見ます。

そのような方に、総入れ歯を製作し吸着を得るのはかなり難しいと思います。

総入れ歯の場合、歯をすべて失っている以上、維持や支持に関わるのは失ってしまった歯の歯茎(顎堤)と唾液、口腔周囲の筋圧や舌圧等ですね。

また、高齢者は唾液量も若年者に比べて少なくなるので、条件が悪くて大変なケースというのが多いです。

でも、入れ歯を諦めたら食べる手段が無くなってしまうのも事実ですね。

高齢者の方にインプラント治療は考えにくいですし。。。

でも、諦めたらそこで終わってしまうので、諦めずに良い入れ歯ができるように頑張ります。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 

 

 

 

関連する記事