骨の出っ張りが、入れ歯製作の邪魔になることもあります。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

骨の出っ張りが、入れ歯製作の邪魔になることもあります。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

骨隆起という骨の出っ張りが強くある方がいます。

主に口蓋正中部や、下顎舌側部、頬側部にある方が多いですね。

先天的にある方もいれば、後天的にできる方もいます。

後天的な場合に関して言えば、喰いしばりや歯ぎしりなどが原因している可能性が高いです。

そして、この骨隆起が大きく存在していて、歯の欠損を抱えている場合の方の入れ歯製作は大変ですね。

入れ歯の縁がどうしてもその骨隆起に当たって痛いという事もありますからね。

極力その骨隆起を保存的に残し、入れ歯を製作するように努力はしますが、場合によっては手術して骨隆起を取ることをお勧めすることもあります。

小さいものであったり、緩衝空を設けて製作が可能であれば特に大きな処置は要りませんが。。。

ただどうしても、この骨隆起が義歯製作の邪魔をしたり、それ自体が痛みを起こす原因になったりすることもありますからね。

無くなってしまえば、入れ歯製作の支障になることはありませんからね。。。

もし、過去に入れ歯製作をしてその骨隆起が原因で、入れ歯が当たって痛いという方は結構多いのではないかと推測いたします。

もし、気になる方は、ご相談いただけたらと思います。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 

関連する記事