ノンクラスプ入れ歯が適応ではないという人もいます。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

ノンクラスプ入れ歯が適応ではないという人もいます。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

よく部分入れ歯のバネを見えないものにしてほしいという相談を受けることがあります。

もちろん、しっかりした残存歯があって、そこに部分入れ歯のバネが掛かっているようならば、ノンクラスプ入れ歯といって金属のバネでないものに変えることは可能です(自由診療になってしまいますが。。。)。

しかしながら、残存歯が中等度以上の歯周病に罹患しているような状態であるならば、止めたほうが良いと思います。

というのは、ノンクラスプ入れ歯の場合、金属のバネに変わって入れ歯のピンク色の部分を残存歯の歯間部に伸ばして維持を図ることになります。

もちろん使用しているピンク色の部分は弾力性のあるプラスチックになるのですが、入れ歯を外す時に残存歯を持ち上げてしまい、残存歯の動揺が大きくなる可能性が強くあります。

そうなると、歯が大きく揺れだし、歯周病が悪化し、近い将来、抜歯しなければならなくなることがあるのですね。

もちろん、健康な歯茎であれば、そのようなことはなく問題になることはないのですが。。。。

臨床をしていると、そのノンクラスプ入れ歯に過剰な期待を抱いているようで、何の問題もなく製作できると思われている方が多いのが気になります。

もし、歯周病で歯を抜いた経験があるような方は、ノンクラスプ入れ歯が適応ではない方も多くいらっしゃるかと思いますので、よく検討していくようにしましょうね。

 

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

関連する記事