総入れ歯製作で、咬み合わせ取りは難しい作業です。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

総入れ歯製作で、咬み合わせ取りは難しい作業です。

DSC_1536.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

総入れ歯を製作する際に特に気を付けているのは、咬み合わせですかね。。。

総入れ歯の場合、型を取るタイミングは製作段階でどの段階でも採得することができますが、咬合関係を決めるのはなかなか難しいものです。

なんせ、歯が一本も存在しないのですからどのくらいの高さに設定しなければいけないのかが、まず解りにくいですし、前後左右的な位置関係も見つけにくいです。

患者さん自身も長期間歯がないと、どこで咬んでいいのか解りにくいものなのですね。。。

それを様々な方法を複数、用いて決めていきます。

一回で、その咬み合わせの高さと前後左右的な位置関係が決められれば、一番良いのでしょうが当院の場合は二回に分けて、それぞれ装置を用いて行うことが多いです。

細かいやり方はここでは言い切れませんが、この咬み合わせは総入れ歯製作では 肝になるところです。

これが狂うと、その後の人工歯排列や歯肉形成も絶対にうまくいきません。

ですから、これを正確に慎重にやっていくようにしていますよ。

 

院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

 

 

関連する記事