9月1日で開業9周年を迎えます。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

9月1日で開業9周年を迎えます。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

今日は日曜日で、当院はお休みです。

今日はいつもの診療の話しとは違いますが、ご容赦ください。

 

当院は9月1日で、開業9周年を迎えます。

その間、いろいろなことがあり、初期は患者さんが少なく経営そのものも危うい時がありました。

その時は、宅配便のアルバイトを短期でやっていたこともありました。

当初は、歯科医院が置かれている社会的状況とかも全く考えずに、古びたビルの2階で潰れた歯科医院を居抜きで営業権を買い、開業しました。

僕はほとんど宣伝とかもせず、看板を構えていれば患者さんは自然に入ってくるだろうと安直な気持ちでいましたね。

ところが1日の患者数は2~5人ほどの状況が半年ほど続きましたね。

この頃はそれこそ、毎日の支払いをしていくと窓口収入のみで生きていくのは無理だと判断し、宅配便のアルバイトを始めたわけです。

朝10時から夜7時まで診療を行い、夜の11時ころから朝方4時まで宅配便会社でラインといわれるベルトコンベアに重い荷物を移動するようなことを1月半くらいしていました。

体力的にかなりきつく、日中は少ない患者さん数を良いことに、医院で寝ていました。

しかしながら、このような状況では医院の成長発展はなく、何時まで経っても患者さんは来ないと思いました。

その時はあまり考えず他業種のアルバイトに踏み切って、本業がおざなりになっている事を自分の中で反省し、その状況を打破するために様々な努力をしました。

まず、消火栓看板の設置、バス内でのコール、地元紙に当院の紹介を載せてもらうなどなど。。。

これは料金的には安く、手頃でした。

でも、効果は薄く、あまり患者さんは増えなかったですね。

そして近所の内科や皮膚科の先生にご挨拶させていただき、「もし、糖尿病の患者さんに歯周治療が必要なようなら、当院を紹介していただけませんか?」と言いに行ったりもしました。

また、近くのコミュニティセンターに伺い、自分が専門としている「入れ歯の話を一般市民向けに話をさせていただけませんか?」と、伺いに行ったりもしました。

そのような努力が実を結んだのは、結構時間がかかり1日の患者数が10人を超えたのは1年近くかかったのではないでしょうかね。。。

このような努力を続けて、1年が過ぎる頃には効果のある宣伝と効果のない宣伝というのが、何となく見えてきました。

効果がないものは、一切そこで止めていき、また違うものを試すようなことをしましたね。

そうこうしているうちに、患者数は少しずつですが増えていきました。

でも、周りの歯科医師仲間の話しからは、「1年半も開業していてまだ1日の患者数が20人も超えていないの?」と恐怖を煽られることを言われたりもしましたね。

顔では笑っていましたが、その時の心中は正直、穏やかではなかったですよ。

その頃は、従業員もパートでしたが3人ほどいました。

彼女たちの給料を支払うのにも、大きな経済的負担がありました。

でも大切な、従業員を一人でも減らしてはいけないと、思っていましたよ。

そんな状況下でも、一生懸命に診療して、マーケティングしていけば必ずいい時が来ると信じていましたから。

実際にそれから、1年くらいで一日の患者数は25~30人ぐらいになり、デンタルユニットも増やしていきました。

そして、パートの一人を正職員としたり、衛生短大の新卒の人を2人雇いました。

彼女たちはすごく頑張ってくれて、現在のりんご歯科医院の基礎部分を作ってくれた気がします。

その新卒で入ってきた衛生士は、非常に可愛がっていましたが今は当院を離れ、違う場所で歯科衛生士として頑張っています。

この辞めてしまった衛生士を思うと、あの頃がフラッシュバックされ悲しい気分にはなりますが、二度とこのようなことがないように労務管理や給料形態の改善にも力を入れ、時間的にも余裕を持たせるようにしました。

 

今月に当院は移転する運びとなりましたが、今では敷地は71坪を有し、デンタルユニット数は6台となりました。

今後はもう1台追加する予定でいます。

スタッフ総数も、アルバイトの人を含めて14人になりました。

歯科医院の経営はマーケティングとマネージメントが大切です。

この両輪がうまく組み合わさって、医院経営は成り立つのです。

それを高いレベルでやることができれば、まだまだこの医院は大きくなると思っております。

 

人は現状維持に傾き、変化を嫌います。

その方が楽だからですね。。。

でも、それは絶対に成長・発展には結びつかないです。

というよりも、現状維持を選んだら辿る道は衰退です。

それが維持できるほど、この世界はそんなに甘くないですね。

それは経験上、解っています。。。

僕は、自分が現役である以上、医院の発展と拡大を常に考えていたいと思います。

今、9周年を新りんご歯科医院としての形で迎えますが、10周年、11周年と迎えていく際に、今より大きく充実している状態になれるように精一杯頑張って行く所存です。

10年目を迎える当院を、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

※写真は開業当初の、旧りんご歯科医院の写真です。このビルの2階が医院でした。現在は、移転しました。

 

 

 

 

 

関連する記事