新しい入れ歯は頬粘膜や舌を噛みやすいです。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

新しい入れ歯は頬粘膜や舌を噛みやすいです。

CIMG0969.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

新しい入れ歯を入れて、調整に来られる際によく頬や舌を噛んでしまうと言うことを聞くことがあります。

これは、人工歯の排列位置が悪いと言うことも考えられなくもないかと思いますが、それだけではないですね。

つまりは、いわゆる適正な咬合高径であり、水平的な位置関係も問題ないようであるならば、時間が解決してくれることが多いです。

そのため、積極的に入れ歯を削ると言うことや、樹脂を盛り足すようなことはしないことが多いですね。

これは、恐らく新しい入れ歯になったことにより、口を取り巻く口腔周囲の神経・筋機構が調和していないからなのでしょうね。

つまりは、慣れてもらえれば使用できるものと思われます。

経験的にセットしてから約2週間ぐらいで、そのようなことがなくなることが多いですよ。

それまでは、咀嚼する際にはゆっくり噛むようにしていただき、時間が経っても噛むことが多いようなら製作した歯科医院で相談されるのが良いかと思いますよ。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事