総入れ歯製作は、慎重に作ってます。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

総入れ歯製作は、慎重に作ってます。

IMG_6512.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 総入れ歯製作の醍醐味は何かと聞かれたら、自分が患者さんの咬合を作ると言うことですかね。

その咬み合わせを作ることによって、患者さんの咀嚼や審美性に貢献できると思いますからね。

そして、良く咬めることにより、内蔵や脳にも良い影響が出て、全身疾患の予防にも繋がりますし、何より生活の質の向上に繋がると思うのです。

総入れ歯は、一本も歯がない状態で作る入れ歯で、凄く難しいケースが多いです。

なぜなら、参考になる天然の歯がないのですからね。。。

他に参考になるものと言ったら、粘膜状に現れる解剖学的なランドマークを頼りに人工歯の大きさやサイズ、人工歯の排列などは決まります。

総入れ歯の場合は、そのようなランドマークを頼りにしているのですね。

そのために、型はしっかり採得されていなければなりません。

入れ歯としての機能性を向上させるためにも、この型取りと咬み合わせ取りは総入れ歯製作にとって最重要事項ですね。

でも、審美性の善し悪しを決めるのは、患者さんの感覚によるところが大きいですね。

そのため、試適という仮合わせの際はよく見ていただき、それを最大限に反映するように配慮しているつもりであります。

しかしながら、学術的な常識を逆らって、歯の並びを変えることはできないので、その旨はご理解いただきたく思います。

入れ歯の咬み合わせは、天然歯に比べると不安定ですし、咬む力もそれほど強くはないです。

でも、入れ歯が無いと咬むということができないのは、凄く問題です。

できるだけ、機能的で審美的な入れ歯を作って、それを長持ちさせるように頑張りましょうね。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

※明日、6月22日(金)の診療は院内清掃のため休診となります。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

関連する記事