スポーツ時の入れ歯使用の問題点。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

スポーツ時の入れ歯使用の問題点。

1426921769680.jpg

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 昨年から、古い入れ歯を調整し、新しい入れ歯を製作・セットしてから今までの間に週に一回のペースで来られている方がいます。その方は、上顎が総入れ歯で下顎が両側臼歯部がなくなっている部分入れ歯です。40代の男性で体格もがっちりしています。通常の入れ歯の使用に目立った不調和はないのですが、咬合関係に不安があります。ゴルフを趣味として毎週、行かれるそうですがその際に体のバランスの不調和を感じるようです。当院としてもいろいろな器具を使い、最適な咬合関係を付与したつもりでいましたが、実際ゴルフをしてきて力強く打った場合、いつも噛んでいるところ以外で咬合するためか、入れ歯が欠けたり割れたりすることがあります。なかなか本人の希望通りのものが、こちらも提示できなくてジレンマを感じます。恐らく通常の生活の時の咬み合わせと瞬発力が発揮される咬み合わせは違うからなのだと思います。そのために、入れ歯が割れてくるのでしょうね。。。
 対応策として考えていることは、この患者さんは、この冬場にゴルフを少し休むそうなので、この入れ歯に合わせてスポーツマウスガードの製作を検討しています。絶対にこの患者さんに趣味も気兼ねなく楽しんでもらえるように頑張っていきたいと思います。(通常は総入れ歯にマウスガードを組み込むことはしません。)

関連する記事