歯の根っこが残っている方の入れ歯製作。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

歯の根っこが残っている方の入れ歯製作。

CIMG0570.JPG 
 基本的に歯の根っこを残したまま入れ歯をその上に覆って作ることは、当院はしておりません。その根っこは今後を考えると、その上に入れ歯が乗った場合、圧力がかかり痛みが出ることが予想されるからです。しかしながら、昨日、入れ歯専門外来に来られた患者さんは歯科治療に、もの凄く恐怖心を持っていて注射を見ると恐ろしくなるため抜歯は嫌だとおっしゃっていました。でも欠損歯が3本ほどあり、その他に残根数は6本ほどありました。残根は上顎前歯、小臼歯部に集中しておりました。また、5月最後の日曜日に娘さんの結婚式があるとのことで、何とか入れ歯を作ってほしいとお願いされました。
 僕は「それならば上顎の入れ歯を製作していきますが、あくまでこれは、ミバを良くするための仮義歯と考えていただき、痛みが出たらその歯の根っこはその時には抜歯していきましょう。」と言う旨を説明させていただきました。自分の中で少しもやもやした気持ちは当然ありますが、患者さんの希望を叶えるのも入れ歯外来の役目と考えます。まずは、患者さんの希望が最優先ですが、医療としての枠組みを外れぬよう説明と同意は必須ですね。できるだけ、この残根に噛み合わせた時の負担をかけぬよう配慮しながら作っていこうと思います。
(写真はこの患者さんとは一切関係のないものです。)