部分入れ歯のバネについて。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

部分入れ歯のバネについて。

        1427273025427.jpg
 部分入れ歯は基本的には残存している歯があるので、その歯にバネをかけて維持を図るわけですが、これにも使用する部位や、歯の動揺度の状態や欠損形態によって、バネそのものの形態や材質が変わります。保険適用のものもあれば、保険では使用が不可のものもあります。
 また、最近ではノンクラスプデンチャーと言い、バネを使用しないで製作する方法もあります。これは、非保険ですが審美的にも優れております。前歯にバネがかかって目立つのが気になる方にはお勧めですよ。
(写真はノンクラスプデンチャーです。金属のバネを使用しないので、入れ歯だとわかりにくく審美的です。)