総入れ歯の難易度。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

総入れ歯の難易度。

        CIMG0593.JPG
 総入れ歯の治療において、難しいとされる判断基準の一つとして、顎堤の吸収度があります。顎堤とは、もともと歯があった所の歯茎です。いわゆる入れ歯が乗っかる部分です。
 この顎堤がある程度残っていて、総入れ歯を支えるのに十分な量があればそんなに大変でないケースが多いです。逆に吸収が大きく、総入れ歯を支えるのに貧弱な顎堤しかない場合は、相当難しくなります。この吸収程度の基準は明確なものはなく、歯科医師によっても判断が分かれますが、一度でも入れ歯製作時に歯茎が痩せているねと言われたと申告された方は、製作時のステップを一つ一つ注意して製作しております。
(写真は上顎の顎堤部分の写真です。中程度の吸収と思われます。)