2019年8月21日

入れ歯におこりやすい問題点について

取り外し式の入れ歯を新たに製作し、装着して使用した場合、不具合が生じる時があります。

主に痛みや頬を噛む、食べ物が噛めないなどです。

快適に使用していた入れ歯についても同様のことが言えます。

入れ歯は金属部分プラスチック部分(義歯床用レジンや人工歯は樹脂)から構成されています。

そのため残存する歯に掛かる金属にヒビが入って破折したり、樹脂の部分にヒビが入って金属が脱離したりすることがあります。

これは部分入れ歯、総入れ歯の場合も噛む力が金属や樹脂に集中するために生じることです。

そのまま使用していると、破折した部分が当たったり入れ歯自体の安定がなくなって噛んだ力により入れ歯が動きだして口腔内の粘膜や歯茎が赤く腫れたり、潰瘍が生じたりして痛みが出ます。

また、長くお使いになっていた入れ歯の場合、歯がすり減ることで上と下の歯との間に隙間ができ、噛みにくくなったりします。

前歯で食べ物を噛み、奥歯で粉砕して食塊として飲み込むことで食べる楽しみや活力が生まれ、全身の健康を維持、増進させることができます。

さらに口で食べることが認知症を防止、軽減することも知られています。

より快適に過ごせるよう、もし、入れ歯に不具合があればかかりつけの歯科医院に相談しましょう。

2019年8月 8日

フッ素化合物配合歯磨剤の効果アップのための使い方

虫歯予防力のアップには歯磨剤選びも大切ですが、使い方も大切です。

世間にはいろいろな歯磨剤が存在しますが、ここでは高濃度フッ素化合物配合歯磨剤について話します。

歯磨剤の効果を上げるポイントは6つあります。

1. 毎日使う。
食事の度に溶け出す歯を守るには、溶けるスピードに勝るスピードで補修することが大切です。フッ素の力を発揮させるためにも毎日使いましょう。

2. 寝る前が効果的。
フッ素は口の中で長く留まるほど、よく働いてくれます。就寝中は唾液が減るので、唾液に流されずに再石灰化の効果が上がりやすいです。

3. すすぎは1回で。
せっかくフッ素配合の歯磨剤を使っても、すすいで捨ててしまっては十分な効果は得られにくいです。すすぎは1回程度にとどめましょう。

4. 水は少なめに。
すすぎに使う水はおちょこ一杯分もあれば十分です。

5. 使用量は適量で。
剤はたくさん使えばいいというものではなく、もちろん使用量が足りなければ効果も落ちます。

6. ジェル洗口液などで相乗効果。
寝る前にすすぎが少なくて済むジェルやすすぎの必要がない洗口液を使うとフッ素が口の中にとどまりやすく効果がアップします。

高濃度フッ素化合物配合歯磨剤は、毎日使っているだけで知らず知らずのうちに健康に寄与してくれるありがたいアイテムです。

上記の使い方で本来の効能を引き出し、健康増進に役立てていきましょう。

2019年8月 6日

キシリトールガムで歯を健康に

高齢化が進む中で、「歯を丈夫で健康に保つこと」に改めて注目が集まっている。

ある研究者は虫歯のできるメカニズムについてこう話します。

「虫歯菌(ミュータンス菌)は、歯の表面や隙間に残った食べ物の糖をエサにして歯垢を作り出します。その歯垢の中に住みついてドンドン繁殖すると、糖を発酵させて酸を生み出し、歯のエナメル質を溶かしてしまうのです。」
と言っています。

白樺などから作られる甘味料のキシリトールには、歯の健康を保つ2つの特徴が報告されています。

1つは虫歯の原因にならないこと。

なぜキシリトールは虫歯の原因にならないのか。。。

それは、キシリトールを虫歯菌がエサにして食べても、歯垢の原因となる成分や酸を作り出すことができないからです。

もう一つの歯の石灰化については、キシリトールに加えて海藻であるフクロノリの抽出物とリン酸一水素カルシウム3つが合わさることで、唾液による歯の再石灰化の増強が期待できます。

この3つの成分を含むトクホのキシリトールガムは噛んで楽しみながら唾液に備わっている再石灰化の働きを増強させることができます。

ガムを噛むと唾液が出やすくなりますし、歯の再石灰化を助ける成分も口の中に長く留まります。

そこがキシリトールガムを噛む習慣を今から身に着けたいものですね。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております