2019年7月16日

2週間以上続く口内炎や治らない傷は要注意

口腔がんは、舌の他、歯茎や頬などの口腔内にできるがんを言います。

国立がん研究センターのがん統計予測によると、喉に出来る咽頭がんと合わせて、口腔がんと新たに診断されるのは年間で2万3千人。

舌がんだけでは年間約4千人とされる。

年間10万人を超える大腸や胃、肺などのがんより、患者数は少なく「希少がん」に分類されます。

ただし、患者数は増加傾向で特に60代の男性に多いです。

禁煙や酒量を減らすことが予防につながります。
具合の悪い入れ歯が歯茎を刺激して、がん化することもあるため注意が必要です。

治療は、がんを切除する手術が中心となります。

舌を大きく切除する場合は、腹や太ももの筋肉を移植して再建することもあり、そうなるとリハビリしても元のように舌を動かすことが難しいです。

口の中の異常なので、鏡に映すなどすれば自分でも見つけやすいものです。

舌の表面の細胞は約2週間で入れ替わるものなので、口内炎であれば2週間程度で治ることが多い。

それ以上、症状が続く場合は要注意です。

歯科健診でも、このような口の中の異常を見つけることが多いです。
私たち歯科医師も、虫歯や歯周病のみならず、その辺りも注意して健診しています。

是非、かかりつけの歯科医院で定期健診を受けましょうね。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております