2019年5月23日

全身の健康のためにも歯周病の早期発見と予防が大切

歯を失う原因には、主に虫歯歯周病の二つの病気があります。

このうち、虫歯については減少傾向にありますが、歯周病については、あまり大きな変化が認められないようです。

歯周病はその名の通り、歯の周りの組織の病気です。

歯茎や歯を支える骨(歯槽骨)に炎症を起こし、放置すると歯のぐらつきが進み、最終的には抜けてしまいます。

さらに歯周病はお口の中だけでなく、身体全体の健康にも影響を及ぼすことが解っています。

主な疾患は次の通りです。

糖尿病・・・糖尿病は進行すると様々な合併症を引き起こしますが、歯周病も合併症の一つと考えられており、糖尿病の人は歯周病になるリスクが高いことが知られています。

心疾患・・・歯周病により産生された炎症性物質が血流により心臓にも運ばれることで、心疾患発症のリスクが高くなります。

早期低体重児出産・・・妊娠中の女性で歯周病の人は、健康なお口の女性に比べて低体重児出産や早産をする確率が高いことが報告されています。

誤嚥性肺炎・・・肺や器官の生理的機能が衰えると唾液や食べ物が誤って肺に入り、肺炎を起こします。歯周病で口の中に細菌が豊富に存在する状態だと、誤嚥性肺炎を起こす確率が高くなります。

歯周病は初期段階では、無症状なので歯科医院で検査してもらうことが大切です。

歯周病を予防することで、全身の健康を保ちましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております