2017年2月27日

歯を失うことで体にも影響があります!(2017.3)

認知症リスクがアップ
歯の減少が脳の働きに影響し、残存歯が少ない人ほど脳の働きが悪くなりやすいです。噛み合わせや咀嚼能率の良い人と比べると、アルツハイマーや認知症の発症率は1.5倍とリスクが高くなります。

顔をゆがめるだけでなく、体もゆがめます
長年、片方の歯ばかりで嚙んでいると、使っている方(噛み癖のある方)の歯だけがすり減るので、上下左右のバランスが崩れ、咬み合わせが悪くなります。また、咀嚼筋にも同様の事が起こり、使っていない方の筋肉が衰えてきます。それは顔の表情にも影響し片方だけにたるみや口角が上がらなくなる、シワやほうれい線もできやすくなる、など顔のゆがみに繋がります。さらには、体幹のバランスを崩し、首や肩の痛みやコリ、頭痛などの原因や腰痛、関節痛なども起こします。また、顎関節にも影響し、顎関節症(口が開けにくい、顎の痛み)になったりすることもあります。

高血圧の予防にも咬み合わせは大切です
高血圧の主な原因は塩分過多、動脈硬化、ストレス、過労、肥満などです。50代以上では、おおよそ半数以上の人が高血圧の疑いがあるというデータもありますが、その原因が歯とも関係があるようです。歯は食べ物を噛むためだけで全身に影響を与えることはないだろうと思われがちですが、咬み合わせを矯正したところ、血圧が安定した方がいます。高血圧予防には歯の健康を考えることも必要と言えそうです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております