入れ歯の痛みに耐える必要はないです。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯の痛みに耐える必要はないです。

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

当院に来られる患者さんは入れ歯を新製希望されて来る方が多いです。

その原因の多くは、痛いからという方が少なくはないです。

中には、最近作った入れ歯が痛くて、慣れないせいだからだと思って我慢していたけど、慣れないから来たという人もいます。

その人に、「どうして作ったところに行って調整してもらわないのですか?」と尋ねたところ、そこの先生が「もう作ったから、あとは慣れてもらえばいいから。」と言いました。

その入れ歯を作った現場にいない僕は、ここでコメントはできませんが、確かに入れ歯はそんなに古くなく、きれいでした。

でも、口腔内を見てみると、粘膜部分に大きな傷があり褥瘡性潰瘍といわれるような白くすり切れたような傷になっていました。

見るからにして、痛々しい感じでしたよ。

その状態になっているのを、今、もしその先生が見ていたら、やはり何らかの処置はすると思うのですね。

入れ歯はセットして、それで終わりということはありません。

そのセット時に痛みがなくても、使用しているうちに痛みが出ることは往々にしてありえますからね。

それは、大学教授が作った入れ歯でもあると思うのです。

だから、当院では入れ歯が完成してセットされたとして、痛くなかったとしても必ず調整には来ていただくようにしていますよ。

入れ歯の痛みは、使用している人にしかわからないですが、凄く痛いようです。

我慢を強いることは、絶対に良くないと思います。

入れ歯の違和感は致し方ないところもあるかと思いますが。痛みを抱えるようでしたら我慢せずに、かかりつけの歯科医院で診てもらいましょうね。

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事