入れ歯の下にあるブヨブヨした粘膜の対応については。。。

院長ブログ

新潟市の歯医者・歯科・入れ歯・スポーツマウスガードなら「りんご歯科医院」

入れ歯の下にあるブヨブヨした粘膜の対応については。。。

CIMG0733.JPG

新潟駅から徒歩5分 「入れ歯専門外来」を持つりんご歯科医院から発信。

 総入れ歯を製作時に上顎前歯部に、ブヨブヨした粘膜が見られることがあります。

専門用語でこれをフラビーガムといいますが、ブヨブヨした柔らかい粘膜が多量にあり入れ歯の安定に悪影響を及ぼすことがあります。

これができた原因は恐らく入れ歯の適合が良くなく、咬み合わせの高さも下がっており、入れ歯の上顎前歯部が下顎前歯部に突き上げられているからだと考えます。

対応としては通常通り、その粘膜に強く当たらないようにリリーフ(緩衝腔)を付与しますが、広範囲にこのフラビーガムがあると、それだけでは不十分なので手術で除去することもたまにあります。

 今現在、このような患者さんを数人診させていただいてますが、型取り時から細心の注意を払って製作しております。

何よりも注意しなければならないのは、また、新製した入れ歯が上下顎で咬み合わせた時の突き上げを作るようなことはないようにしたいと思います。

(写真はある患者さんの初診時の口腔内写真です。上顎前歯部分にブヨブヨした粘膜が広範囲に認められます。)

当院での精密入れ歯治療の案内は
自由診療 料金表の案内は
歯科の医療費控除とは

関連する記事