2019年5月14日

特に乳幼児時期の歯は仕上げ磨きを習慣にしましょう

ほとんどの場合、1歳ごろまでに上下の顎の乳前歯8本が生えそろいます。

次に生える乳歯は第一乳臼歯という奥歯です。
また、同じ頃に乳犬歯が生えてくる子供もいます。

3歳くらいになるまでは乳歯の20本が全て生えそろいます。

1歳半になって奥歯が生えると子供は食べ物を奥歯で噛めるようになります。

こうして、離乳食期の歯茎で噛む「モグモグ期」から、奥歯で噛む「カミカミ期」へとスムーズに移行できます。

離乳食が完了するまでは間食を1日1~2回にして、時間を決めて栄養を補うようにしましょう。

間食の回数と虫場の関係を調べてみると、間食の回数が多くなるほど虫歯になりやすくなります。
虫歯になりやすい部位は、前歯では前面や歯間、奥歯では噛む面の溝と歯間です。

この時期は本格的な仕上げ磨きの習慣をつける大切な時期です。

歯磨きのコツは年齢にあった歯ブラシを使うこと。
奥歯は軟らかめの仕上げ磨き用歯ブラシで円を描くように磨き、痛みを感じさせないことです。

膝の上にあおむけにねかせ、明るい部屋で磨きましょう。
この時期に歯磨き粉は必要ありません。

でも、予防の観点から子供用フッ化物配合歯磨き剤やフッ化物ジェル、フッ化物スプレーを使用することも良いです。

気になる方は、かかりつけの歯科医院で相談しましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております