2018年9月17日

中高年の虫歯と唾液の関係について。(2018.9-2)

厚労省の「平成28年歯科疾患実態調査」によると、歯を失う人の割合は30歳以降、5歳ごとに10%アップするが、50歳以降からは、その割合が20%と大きくなるというショッキングな報告がされています。
一方、虫歯治療をした人の中で、両側2本の歯を支柱にして欠損した歯の代わりにクラウンを被せるブリッジ処置をした人の割合は45~49歳で4.8%。
50~54歳ではそれが跳ね上がり、55~59歳で12%、60~64歳で13.9%、65~69歳で15.9%と増えていきます。

これらの数字から、歯を失う転機が「50歳」であることが解ります。

それはなぜか?

これは、歯茎が痩せてしまい、エナメル質より軟らかい歯根部が露出することと、過去に詰め物などの治療した歯の内部に虫歯が広がることが言われています。

また、唾液の量と質の変化も関係しています。
唾液は、50代から目立って変わっていき、口腔内が虫歯菌の活動しやすい環境に成りえるのですね。
唾液と言っても、その性質は3種類あります。

サラサラ系ネバネバ系、その両方を合わせた混合系です。

健康な人は、この3種類がバランス良く分泌されているのです。

その割合は、安静時と食事時では変化するのが知られています。
若く健康な方なら、安静時では耳下腺組織からのサラサラ系が20%、混合系の唾液が顎下線から75%、ネバネバ系の唾液が5%分泌されています。

でも、食べ物を咀嚼したりすると耳下腺からのサラサラ系が増えて50%を占めます。

ところが、歳を取ると安静時・食事時に関わらず、サラサラ系の耳下腺組織は活動が低下するため、口腔内全体に粘り気のある唾液が増えてくるのです。

サラサラ系の唾液が減り、粘り気のある唾液が増えると、口腔内の虫歯菌が糖分を分解して、産出する酸を中和する力が弱くなります。

その結果、虫歯菌が繁殖してしまうのですね。
このような生理的な変化に対応するためにも、中高年の方は歯科医院で定期健診をしっかりと受け、
虫歯のチェックをしてもらうことをお勧めいたします。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております