全身の健康管理と歯周病予防には、歯磨きと唾液が必要です。

口の中の健康と長寿は、密接に繋がっているようです。

ある大学教授は、「健康を保つために、唾液が重要な役割を果たしている。」と言います。

口の中の健康の大敵は「歯周病」です。
歯周病は45歳以上の成人の歯を失う原因の第一位です。

歯周組織の総面積は、手のひらと同じ大きさと言われてますから、歯周病があるとかなり広い範囲の炎症を起こしていることになります。
この炎症のある歯周組織には細菌がたくさん住み着いて、それらが、体に悪影響を及ぼします。

例えば、高齢者の死因ともなっている誤嚥性肺炎。。。
食べ物が誤って、器官から肺に入ってしまい、口の中の細菌により引き起こされる肺炎です。
それ以外にも、動脈硬化を進めたり血糖値のコントロールを困難にしたりします。

そうならないためには、どうしたらいいでしょうか?

まずは、当然のことですが「歯磨き」です。

1日3回食後に磨くことが理想ですが、難しければ3回のうち1回、寝る前だけでも入念に磨くことが大切です。
この時、くまなく磨くのならば最低5分はかかります。
そして、歯間ブラシや、デンタルフロスも併用しましょう。
歯ブラシでのブラッシングのイメージとしては1歯ずつ磨いていく感覚です。
そして歯茎のマッサージ効果も得られるように、歯と歯茎の境目は優しく入念に行いましょう。

さらに3ヶ月に1回の定期健診をして、歯石を取ってもらえばある程度、歯周病は予防できます。
そして、もう一つ大切なことは、「唾液がしっかり出る」ようにすることです。

通常は、人は1日1~1.5ℓの唾液が出て、歯周病菌を受け付けないようにしてくれます。
しかも、食べ物を飲み込みやすくする潤滑油にもなるため、誤嚥性肺炎が起こりにくくなります。
付け加えれば、唾液に含まれるNGFという物質が脳神経の機能を維持し、脳の老化を防ぐ可能性もあるのです。

このように、全身の健康を守るためにも唾液の存在は本当に重要です。
もし、唾液の量が最近、減ってきたなと感じられる方は要注意ですね。

ドライマウス(口腔乾燥症)かもしれませんね。。。

ドライマウスの原因としては、目や口の中が乾くシェーグレン症候群だったりすることもあります。
その他の原因としては、心因的なストレスや糖尿病、腎不全などによることもあります。
また、飲まれている薬の副作用の可能性や、嚙むための筋力の低下なども考えられます。

もし、口の中の乾きが気になる方は、かかりつけの歯科医院でご相談を。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております