入れ歯治療に興味を持った大学時代

院長あいさつ高校卒業後は日本歯科大学新潟に進学し、歯科医師への道のりを歩み始めました。そして大学時代、特に関心を持って取り組んだのが総義歯だったのです。

総義歯というのは配列などに基準が合っても、治療をするドクターの個性が必ず出ます。もちろん患者さんのことを第一に考えた上での個性なのですが、極めれば極めるほど歯科医師としての自分の個性を活かせると感じて熱心に取り組むようになったのです。

大学卒業後は大学院に進み、その後、日本歯科大学新潟の医局に勤めました。そのまま開業医院で勤務医として働くよりも、大学病院に残って研究と臨床のどちらにも携わるほうが、歯科医師としてより多くの知識と経験を得られると思ったからです。

また、その間にスポーツ歯科外来の医長を務めるなど、一般の歯科医師ではなかなか取り組めない分野にも携わることができました。当院ではスポーツマウスガードも扱っていますので、ラグビーや格闘技など激しいスポーツに取り組んでいる方はぜひご相談いただきたいですね。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております