2017年7月31日

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません。(2017.8)

特に虫歯があるわけでもなく、歯がしみることはありませんか?それは、もしかしたら知覚過敏かもしれませんね。。。。
知覚過敏の主な原因は、ブラッシング時の強い圧力や酸性食品の取りすぎ、歯ぎしりや嚙み合わせの悪さによって歯の表面を覆っているエナメル質が削られてしまい、内層の象牙質が露出し、象牙質組織内部の象牙細管を介して歯の神経に刺激が加わるためにピリッとした鋭い痛みが短時間に起こるものです。このピリッとした感じが持続しないのが特徴でもあります。
また、不良補綴物が入っていたり、歯周病による歯茎の後退のために歯根部が露出することによって知覚過敏を起こしやすい状況になります。

この知覚過敏の対策と治療法は
1. 歯磨きを工夫
軽度の場合は、知覚過敏用の歯磨き剤と正しいブラッシングをすることで症状が改善することがあります。

2. 歯がしみる部分にレーザーを照射することで、刺激が神経に伝わらないようにし、同時に歯の表面が硬くなり症状が治まることがあります。

3. セメントなどで埋める
歯の根元がくさび状にえぐれてしまった場合は、その部分をセメントやコンポジットレジン(プラスチック)で埋めて治療します。

4. 知覚過敏用薬剤の塗布
知覚過敏用のお薬を、しみる部位に塗って症状の改善を図ることがあります。

なかなか症状の改善が難しいため、上記のやり方を組み合わせて治療に当たることもあります。
この知覚過敏の症状がひどくなると神経の処置をやることもあるのです。
気になる方は歯科医院でご相談ください。

2017年7月 3日

噛む力が低下すると老け顔になります(2017.7)

噛む力の低下は顔のしわやたるみになって表れるという事を、皆さんはご存知でしょうか?
表情を作る顔の筋肉が衰えて両頬が下がる、いわゆる老け顔になると噛む力も衰えているはずです。また、首のしわは、飲み込む力が低下しているサインです。
噛んで飲み込む行為には首筋や胸、背中にある12種類の筋肉が使われ、その中でもこめかみ部分にある側頭筋や頬部にある咬筋が噛む行為の中心です。
側頭筋と咬筋は「頭の位置」を決める筋肉でもあるため、歯が抜けて咬めなくなると立ったとき体が揺れてしまい、正しい姿勢で立ったり歩いたりすることが困難になります。
噛む行為を増やして、顔の筋肉を鍛えれば顔のたるみやしわが改善されて顔が若返ります。また、意識して口角を上げて笑う事も顔の筋肉(表情筋)を鍛えることになりますので、筋トレのつもりで、口角を上げて笑ってみましょうね。一日中、不機嫌で無表情でいると、顔が老化してしまいますよ。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております