親知らずがもたらす悪影響

親知らず親知らずの生え方にはさまざまなケースがあります。斜めに生えてしまうこともあれば、埋まったまま出てこない、一部分しか生えてこない、という場合もあります。しかし、どんな生え方でも噛み合わせに影響することは間違いありません。

噛み合わせが悪いと、歯だけでなく全身に悪影響を及ぼします。また、周りの健康な歯を傷つけてしまうこともあるので、たかが親知らずと侮ることはできません。ただ、生え方や噛み合わせによって抜かないほうが良いケースもありますので、親知らずが生えてきたらまずはご相談ください。

<抜歯が適する場合>
●歯磨きがしにくい
●歯の一部だけが中途半端に見えている
●横向きに生えてきている
●骨の中に完全に埋まっているがレントゲン写真上問題がある
●歯並びに影響を及ぼす可能性がある

<抜歯が適さない場合>
●まっすぐ生えていて歯みがきも問題なくできる
●骨の中に完全に埋まっていてレントゲン写真上も問題がない

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております