一般歯科

当院では患者さんの負担を軽減するため、できるだけ歯を削らず、神経も取らずに治療をしたいと考えています。

一般歯科

一般的なむし歯治療では、予防のために健康な部分まで削り取ることがあります。また、むし歯が進行していれば神経を取ることもあります。これらの処置を行うのは、治療した歯が再びむし歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるためです。

しかし、歯は一度削られると二度と元には戻りません。また、神経を取った歯は健康な歯と比べて歯質が弱くなります。当院ではそのような患者さんへの負担をできるだけ軽減するために、MI治療に取り組んでいます。

●MI治療とは
MIとはミニマル・インターベンション(Minimal Intervention)のことで、日本語では「最小限の侵襲」と訳されています。MI治療とは、なるべく歯を削らず、むし歯の部分だけを正確に削り取る治療法です。むし歯に侵されてしまった部分だけを慎重に削ることで歯への負担を減らしたり、神経を取らずに治療したりすることで歯の寿命を延ばすことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております