親知らずの抜歯

親知らずの抜歯に不安を感じている方もご安心ください。当院では笑気麻酔器を完備しています。

親知らずの抜歯

「親知らずは必ず抜くの?」
「親知らずを抜くときは痛い?」

そんな疑問や不安を多くの方が一度は持ったことがあるでしょう。親知らずとは、10代後半から20代前半にかけて奥歯のさらに一番奥に生えてくる永久歯のことです。歯科用語では智歯(ちし)や第3大臼歯(だいさんだいきゅうし)と呼ばれています。

親知らずは生えてくる本数などに個人差があり、生まれつきない方もいらっしゃいます。また、生えてくることによって噛み合わせが悪くなり、痛みや違和感を伴うこともあります。

親知らずが生えてくるスペースが不足し、半分埋まったままになったり傾いて生えてしまったりする方もいます。こういった場合は痛みや腫れを伴ったり、お口の中の環境に悪影響を与えたりすることもありますので、抜歯する必要があります。

親知らずがもたらす悪影響

親知らず親知らずの生え方にはさまざまなケースがあります。斜めに生えてしまうこともあれば、埋まったまま出てこない、一部分しか生えてこない、という場合もあります。しかし、どんな生え方でも噛み合わせに影響することは間違いありません。

噛み合わせが悪いと、歯だけでなく全身に悪影響を及ぼします。また、周りの健康な歯を傷つけてしまうこともあるので、たかが親知らずと侮ることはできません。ただ、生え方や噛み合わせによって抜かないほうが良いケースもありますので、親知らずが生えてきたらまずはご相談ください。

<抜歯が適する場合>
●歯磨きがしにくい
●歯の一部だけが中途半端に見えている
●横向きに生えてきている
●骨の中に完全に埋まっているがレントゲン写真上問題がある
●歯並びに影響を及ぼす可能性がある

<抜歯が適さない場合>
●まっすぐ生えていて歯みがきも問題なくできる
●骨の中に完全に埋まっていてレントゲン写真上も問題がない

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております