保険診療と自費診療の違いを知ってください

当院では、どんな治療が患者さんにとって最適なのか、保険診療・自費診療のそれぞれのメリット・デメリットを共に考え、最適な治療方法を選んでいただき、よりよい生活に向けてお手伝いができればと考えています。

保険診療と自費診療の違い

歯科治療には、保険診療と自費診療があります。当院では、常に患者さんにご満足いただけるような治療をご提供できるように努力しています。しかし、保険診療では材料や治療にかけられる時間に制限があり、自費診療のように手厚い治療が難しいのが現状です。入れ歯治療でも、自費診療の入れ歯には保険診療では実現できない優れた特徴があります。

●自費診療とは?
いわゆる「保険外診療」のことで、自由診療とも呼ばれています。厚生労働省が認可していない材料や薬、治療法を用いて高度で質の高い治療を提供することができます。その分、治療費が全額自己負担になるため、高額なイメージになるというデメリットもあります。

●保険診療とは?
保険制度で定められた範囲内の薬や材料、治療法で行われる診療で、全国どこの歯科医院でも同じ治療費で受けられます。経済的負担が軽く済みますが、最低限の治療になるので、自費診療と比べて最適の治療といえないのが現状です。

初めての方には保険の入れ歯をお勧めすることもあります

初めての方には保険の入れ歯初めての入れ歯治療を受けられる方には、入れ歯に慣れていただくために保険診療の入れ歯をお勧めすることもあります。特に若い方の場合、歯が抜けた状態のまま入れ歯が完成するのを待つことが難しいので、歯を抜く前に型取りを行い、比較的短期間で製作できる保険の入れ歯を用意しておいてから、抜歯と同時に入れ歯をセットする即時義歯にも対応します。

保険の入れ歯をしばらくお使いいただき、入れ歯に慣れてから精度の高い自費の入れ歯を作ることもよくあります。どのケースでも患者さんとよく話し合い、最終的に患者さんに治療方針を決めていただいております。決して無理な押し付けなどはしませんので、安心して何でもご相談ください。

当院取扱いの入れ歯の種類について

こんな方には自費診療の入れ歯をお勧めします

食事を美味しく食べたい方へこんな方には自費診療の入れ歯をお勧めします
保険診療の入れ歯は強度を保つために厚みが必要になるため、異物感を感じやすく、噛み心地もあまりよくありません。また、食物の温度や食感も感じにくくなります。自費診療の入れ歯は薄くすることができるので噛み心地もよく、食感も感じやすくなります。熱伝導も良いので冷たいものは冷たく、温かいものは温かく食べられ、食事を美味しく楽しめます。

口元の見た目が気になる方へ
保険診療の入れ歯では、どうしても金属のバネ(クラスプ)が目立ちます。入れ歯であることを知られたくない方、審美性を大切にされる方にはノンクラスプデンチャーをお勧めしています。入れ歯製作の経験豊富な歯科技工士と連携し、笑ったときの見え方まで考えた審美性の高い入れ歯をご提供します。

入れ歯のことなら何でもご相談ください【入れ歯専門外来】

入れ歯専門外来院長は、大学時代に入れ歯治療に興味を持ち、総入れ歯を中心とした入れ歯治療を専門的に取り組んできました。当院開院以来、おかげさまで多くの患者さんが来られるようになりました。中には遠方からも来院される方がいらっしゃいます。

そこで当院では、入れ歯治療をより充実させ、患者さんの利便性も高めるために入れ歯専門外来を設けました。難症例で時間のかかるケースや、平日は時間がとりにくいという方、県外や佐渡地方など遠方の方などにご利用いただいております。

「本当によい入れ歯に出会いたい」「満足できる入れ歯治療を受けたい」という方は、ぜひご来院ください。

※入れ歯専門外来は完全予約制です。
毎週土曜日 午後の部(14:00~17:00)
お気軽にお問い合わせください。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております